横浜市鶴見区矢向、川崎市幸区、高津区の葬儀社、鈴木葬儀店

横浜市鶴見区、川崎市幸区、高津区の葬儀社、お葬式、ご葬儀のことならなんでもご相談ください。

鶴見区矢向鈴木葬儀店 鈴木葬儀店会社案内 商品案内 川崎市斎場 生花のご注文
葬儀の流れ 葬儀に役立つリンク集 鈴木葬儀店へのお問合せ
HOME | 会社案内 | 商品案内 | 斎場案内 | 生花のご注文 | 葬儀の流れ | リンク集 | お問合せ


臨終〜準備

大切な家族が亡くなったら…多くの方は気が動転し、何をしたらいいのかわからない状況になると思います。「もしも」の時どう対処するか、日頃から心がけておきたいことなどを紹介します。


病院で亡くなった場合

家族・親族への
連 絡

死亡の連絡は、肉親、近親者、親しい友人等臨終に立ち会えなかった方々へ連絡します。勤務先、学校、関係団体等へは、葬儀日程が決まってから連絡でもいいでしょう。 死亡の連絡は電話で行うのが確実です。
死亡診断書 臨終に立ち会った医師に作成してもらいます。 死亡診断書がなければ、法律上ご遺体を動かすことはできません。
死装束・死化粧 故人の体を拭き清め、新しい浴衣か故人が生前好んだ服を着せます。また男性は髭をそり、女性は薄化粧を施します。  
葬儀業者へ連絡 当社へ連絡をいただきましたら、スタッフが病院からご自宅、または当社の施設までご遺体をお送りします。
また、専門のアドバイザーがこれからの打ち合わせ、アドバイスをさせていただきます。
当社へ連絡の際は以下のことをお知らせ下さい。
また、病院の方が連絡してくれる場合もあります。
・お客様のお名前
・故人のお名前
・お送りする場所の住所
・お迎えに伺う病院名
・お迎えに伺う時間
(病院の方にお聞き下さい)

その他で亡くなった場合

家族・親族への
連 絡
死亡の連絡は、肉親、近親者、親しい友人等臨終に立ち会えなかった方々へ連絡します。勤務先、学校、関係団体等へは、葬儀日程が決まってからの連絡でも良いでしょう。 死亡の連絡は電話で行うのが確実です。
葬儀業者へ連絡 当社へご連絡ください。専門のアドバイザーが、すぐにお伺いして今後のアドバイスをさせていただきます。 当社への連絡の際は以下のことをお知らせ下さい。
・お客様のお名前、・ご住所
・電話番号
死亡診断書・死亡検案書 病気で亡くなった場合・・・
かかりつけの医師に連絡し死亡診断書を作成してもらいます。
かかりつけの医師がいない場合または事故等で突然亡くなった場合・・・
警察へ連絡し、警察指定の検案医師による死亡検案書を作成してもらいます。死亡検案が終了するまでは、ご遺体を動かすことはできません。
どうしたらいいか解らない場合は、当社へご連絡下さい。適切なアドバイスをさせていただきます。

自宅での準備

寺院・神社・教会等へ連絡
自宅(または当社の施設)に着きましたら、寺院(宗旨によっては神社、教会等)へ連絡をします。日程等が決まらなくても、「亡くなった」旨だけでもお知らせします。 菩提寺等がわからない場合はまず親族の方に確認してください。それでもわからない場合、当社でご紹介いたします。
葬儀業者との打ち合わせ 厚生労働省認定一級葬祭ディレクターの有資格者をはじめ、当社の専門アドバイザーより、今後のアドバイスをさせていただきます。 ここでの決定事項
・日程
・葬儀を行う場所
・喪主、葬儀委員長等の
役割
・飾りつけ内容
・遺影写真、返礼品等
葬儀に関する全般
法的手続き 死亡届を提出し、火葬・埋葬許可証を受け取ります。また同時に火葬場の予約も行います。 死亡届は通常死亡診断書と一緒になっています。死亡届を役所に提出して火葬・埋葬許可証を受取ります。これらの手続きも、当社が代行いたします。
飾りつけ 打ち合わせ事項に従ってご自宅の飾りつけを行います。 当社熟練のスタッフが行います。

葬 儀

当社で施行頻度の多い3つの宗教の葬儀について大まかな流れを紹介します。
尚、ここで紹介している形式、習慣は一般的なものです。地域、宗旨、宗派によっても形式・習慣が異なる場合がありますので詳細はお問い合わせ下さい。

仏 式

お通夜
通夜は通常葬儀の前の日に行います。
柩を祭壇の前に安置し、僧侶をお呼びし、
1. 読経
2. 焼香
3. 僧侶による法話
4. 喪主による挨拶
という流れで執り行います。
通夜振る舞い
  通夜が終わったら、参列していただいた方に弔問に対するお礼とお清めの意味を込めて酒肴を振舞います。但し通夜での料理には生物(肉、魚)を使わない精進料理をお出しします。
通夜の夜明かし
  通夜の晩は、遺族と故人のご遺体が一緒に過ごす最後の夜です。遺族はご遺体の傍らで線香・灯明を絶やさないよう交代で寝ずの番をします。
火葬
出棺の儀
  僧侶に「出棺経」をあげてもらってから、柩の ふたを開け、最後のお別れをした後、喪主から順に釘を打ちます。
火葬
  火葬場に到着したら、僧侶に「火葬経」をあげてもらい、焼香をします。火葬時間は約1時間30分を要しますので、その間控え室でお待ちいただきます。
骨あげ
  2人1組で一つのお骨を拾い骨瓶に納めます。足の方から上へ拾っていき、最後に喉仏の骨を故人と血縁の深い方が拾います。
葬儀・告別式
葬儀・告別式
  式場に到着したら、遺族は祭壇に向って左側一般参列者は右側に着席し、遺影、位牌、 遺骨を祭壇に安置し開式を待ちます。
(自宅の場合は遺族が前列より着席します)
※宗派により多少異なります。
 
1. 導師(僧侶)入場
2. 読経
3. 弔辞拝受・弔電奉呈
4. 引導・法語(浄土真宗はおこないません)
5. 焼香
6. 喪主・葬儀委員長挨拶
予修法要
  遠方からの参列者に配慮し、三日・七日忌、 四九日忌、百カ日忌の法要を予め行います。
精進落とし(精進上げ)
  葬儀終了後、参列していただいた方にお礼と お清めの意味をこめ、酒肴を振舞います。
このときの料理はなま物(肉、魚)を使った 通常の料理をお出しします。
※故人が亡くなってから慎んでいたなま物(肉 魚)を食べることを精進落としといい、通常は 忌明け(49日忌法要終了後)に行っていまし たが、近年では葬儀終了後に行うのが多い ようです。

Copyright (C) 2007 suzukisougiten,Inc. All Rights Reserved.